TiFRONT-APをブリッジモードに変更する方法

Post Date   :   2022.02.25

Category  :  ナレッジベース

動作モード:出荷時はルータMode で出荷されております。

ネットワーク動作モード変更手順の流れとしては次の通りです:

(ブリッジモードが利用可能なのは、DHCP参照が有効なネットワークであることが条件)

  1. APをネットワークに接続する前に、APのLANポートにPCでアクセスし、ネットワーク動作モードを変更して適用
  2. (APは未だ使用せずに)有線ネットワーク経由でTiControllerにログインを行い、AP設定をブリッジモードに変更する
  3. APのWANポートにケーブルを接続して、ケーブルのもう1つの端をハブまたは上位ルータのLANポートに接続する
  • 上記1番でWAN側のポートをスタティックIPに変更することが出来ます。ご注意いただきたいのは、1番でブリッジモードを有効化して適用した時点で再起動されますが、その後APのLANポートは独立したIPv4を利用できなくなります。WANポートにアクセス可能なHUBポート化します。

次の通り、手順を1つ1つ説明していきます。

APのWebUIにアクセスする

出荷時ルータ・モードAPのWebUIにアクセスするには、LANポートにPCを直接接続して下さい
PCのIPv4アドレスを192.168.1.100/255.255.255.0などに設定をしてから、webブラウザでアクセスします。
APのWebUIにログインしてください
ID:admin、パスワード:(ユーザーマニュアルを参照して下さい)でログインを行います
動作モードのメニューをクリックして、ルータからブリッジモードに変更して下さい
もし、IPを固定する場合はこの操作の前にWAN設定を固定IP設定にして空欄をすべて埋める必要があります。この画面ではブリッジ・モードを選択して適用すると、APは再起動します。

APがブリッジ・モードになり、再起動された後はAPのLANポート(デフォルトIPv4=192.168.1.254)にアクセス出来なくなりますのでご注意下さい。

TiController側の設定を確認または変更する

この時点ではまだAP経由でアクセスできませんので、PCを有線ネットワークに接続して、インターネットに出られることを確認して、TiControllerにログインを行って下さい。

TiController > AP Settings >ネットワーク動作モード=ブリッジ
ブリッジモードに設定されていることを確認して、必要があれば変更して下さい。固定IP設定が必要な場合は、ローカルWebUIの内容と同じ設定を入れなければなりません。

APのWANポートにケーブルを接続してネットワークに接続する

次に示すネットワークに接続することができます。

UTMがネットワークにある場合の接続図
ルータまたはxDSLモデムの直下にUTMがあるネットワークへの接続例
既にTiFRONT-CSがある環境にAPを追加する
TiFRONT-CSの空きポートか、または下位に接続されたハブへの接続でもOK
ルータのみの環境にTiFRONT-APを接続する
ルータにあるLANポートにAPを接続して下さい。

TiFRONT-APからTiControllerへの通信時に利用されるポート番号について:

TiControllerにうまく接続できない場合 (TiFRONT-CSを設置していない環境の場合)は、UTMのファイヤーウォールの設定でOUT方向に対し、次のポート番号が利用できるようにOPENにしておく必要があります。

ポート番号IN/OUTバウンドデータ内容プロトコル暗号化方式
443OUTファームウェア更新、リモートCLI接続WebSocket SecureTLS
9000OUTTiControllerとの連携等WebSocket over TLSTLS
9001OUT設定の適用WebSocket over TLSTLS
9002OUTイベントの受信WebSocket over TLSTLS

TiFRONT-APの正常性の確認方法

APのステータスは、天面に1つだけあるLEDで確認できます。

紫色点灯
設定IPに障害が起こっている状態
消灯
電源オフ
赤色点灯
起動中
橙色点灯
WANポートリンクがリンクダウンしている状態
緑色点灯
正常に10/100/1000Mbpsリンクインターネットに接続している状態